昔のはなし

2013年4月16日 (火)

【Jコミ】『弥生!!』無料公開中

 実は、昨年の11月から、公開されてますー!お知らせが遅くてすんません。

 こちらです。→弥生!!』全8巻

 『ラブひな』などで有名な赤松健先生の主催する『Jコミ』で、無料公開してます。読者さんは無料で読め、作者には広告収入が入ってきます。昔、雑誌やコミックスで読んでた方も、この機会にまた再読してくださると嬉しいです。
 いただいた広告収入は次回作の資料を買ったり、アシスタントさんの賃料になります。

 漫画の原稿料って、出版社に原稿を渡した数ヶ月後に振り込みになるので、執筆中は本気でお財布が苦しいのですよ… 絶版の漫画がこうして少しでもお金になってくれるのは、大変助かります。

 くれぐれもよろしくお願いしますー!

X

 はなはだ時季外れですが、去年の11月に描いたクリスマス弥生。まとりょしか気に入ってます(*´∀`*)

 Jコミには『人形はこたつで推理する』のコミカライズ(原作/我孫子武丸さん)もあります。こちらもどうぞ!

 (この記事はしばらく一番上に表示されます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土)

かもちゃん

『弥生!!』の、のび太ポジ、かもちゃん。一応、陸の親友でもある?
Photo

元・真樹友美さんにリクエストいただいたので、描いてみました。さすがに顔が変わったなあ。今で言うツーブロックの髪型です。最近また黒セルのメガネも多くなってきたね。

描いていた時にイメージしてたCVは、実は故・塩沢兼人さんだった。ちなみに、弥生の弟・葉月は野沢雅子さん。加奈里は高校時代の友人。弥生と陸にはCVのイメージなかったけど、脇にCVがあったので、話が転がりやすかったのかなと思ってる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月12日 (水)

『弥生!!』の絵

ツイッターで弥生の話題が上がって、当時の読者の皆さんといろいろやりとりをしました。弥生はみんなに愛されてて、幸せです。
昔のことを思い出したついでに、絵を描いてみました。
Photo

そして、次は、鉛筆画だけど、弥生と陸。

Photo_2

懐かしいであります。色々なことを思い出したので、そのうち当時の話なんかも日記に書きますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

イラスト交換と二次創作

 中学時代からの友達が東京に来てる。
 わたしの腰痛は、喫茶店の椅子に耐えられるほどには良くなってないので、今回は残念ながら会いに行けない。

 同じ歳だが、中学時代の同級生ではない。
 わたしの中学時代には『イラスト交換』ってのが流行っていたのですよ。
 相手とは、雑誌のおたより交換コーナーで知り合うわけ。
 彼女との出会いは複雑、かつ、当時としてはありきたりで、わたしの同級生が彼女のイラ交相手と学年誌のコーナーで知り合い、その相手の音頭でイラスト研究会が立ち上がり、そこにわたしも呼ばれたという経緯。1号会誌(当然コピー本)ができた後かな、直接やりとりしたのは。

 イラスト交換って具体的に何かって言うと、郵政メールに自分の描いたイラストのコピーを添付して送るわけ。ウマがあった相手とは、たまに生原稿も交換する。まだカラーコピーがなかった頃の話だからね。カラーは生原稿しかない。
 今ならPIXIV、ちょっと前なら絵板(お絵かき掲示板)ってとこか。手軽でいいなあ。そんで、その時とは比べものにならないくらいの人数の絵が見れるもんね。

 中学から大学まで、イラ交は続いた。多いときは30人。ほとんどが雑誌の読者欄に、はがきイラストを投稿してた。
 もちろんわたしもやった。
 アニメージュや、今はなきアニメック・ファンロード。あと新聞の地方版。地方版はとりわけ大きく印刷してくれるので採用されると嬉しかった。
 題材はオリジナル絵だったり、アニメのアレンジだったり。
 ただ、中学はいると同時に、商業誌への漫画投稿を始めていたので、はがき一枚にじっくり取り組むのが性に合ってなかったのかもしれない、熱心にやったのは高1の一年間くらいで、あとはほとんど高校や学外の漫研の出す同人誌に、活動はシフトしていった。
 短大にはいると、当時の『パロディ同人誌』今の『二次創作』は「まだそんなことやってんの」的な雰囲気で、ちょっと肩身が狭かったな。
 実際、パロやめよう、同人誌やめて商業一本に絞ろう、とあがいてた時期もあった。
 ただ、中3くらいから、好きなアニメの続編捏造漫画やサイドストーリー作りを、オリジナル投稿との両天秤で続けてたので、どっちかオンリーって言うのは精神的にバランスが取れないんだ。

 デビューした後も、ずっとキャプテン翼の同人誌してたしね。実は、翼を一番始めに教えてくれたのが、今回の友達。わたしがパロ始めたときは、彼女自身はやめちゃってたんだけど、それまでどっぷりだった同人に、さらに首までつかるきっかけをくれたんじゃないかというかなんというか。

 もちろん、彼女はきっかけであって、続けたのは自分。

 翼のあとも、いろいろやったし、今もやってる。「漫画は商業だけでいい」とは割り切れないんだ。これは業かも。
 今、イベント出ると、絵柄的にも年齢的にも、やあ!わたくしあきらかに浮いてますねとか思うのですが、それでも描くのが楽しいから、迷いつつ出たり売ったりする。

 それにしてもこんなに長く続けるとは思わなかった。漫画というか同人というか、全部ね。
 デジタル化までして、描いているのだから、あっぱれとは思いませんか?20代の自分。30歳まで生きてる気がしないなんて言ってたおバカでしたが、未来のキミはかくも変わりなく同じ道を歩いているので、特に暗いとも明るいとも思わないように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

時報とともに始まるもの

「環境が整ってきたし、音でも入れて遊ぶかな」
MacBookをいじってた連れが、昨夜言いました。
「初音ミクとか、やんないで?なんの音?」
ボーカロイド買ったのに、何故かただの音、です。
「東映主題歌の前に時報って、よくね?」
ぎゃー!懐かしい!
今、NHKさえ、正時の時報を鳴らすことは少ない。
でも、大昔、特に、昼正午と朝晩7時は、民放でも画面いっぱいに時計を映し、鳴り終わりの余韻もそこそこに、番組を始めたもんです。
特筆すべきは、夜7時。

頭に時報のシメ音。
ポーンがうかぶと、芋づる式に流れ始める前奏があるはずです。

「グレンダイザー!」
「やっぱグレンダイザー!」
わたしと連れはよっつ歳が違うのですが、同時に同じのがでましたね。
他には
「009(作監が芦田さんの)」
「999」
「ハーロック(声が真樹夫ちゃんのやつ)」
この四つは外せんでしょう!
連れは、あと、ゲッターロボって言ってた。

7時の時報が無くなったのっていつだったのだろう。
そんでろくじごじゅうろっぷんとかキモチ悪い時間から次の時間帯のバラエティが始まるのにいまだ慣れずにいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)